公認心理師試験対策!多変量解析(過去問有り)

多変量解析




公認心理師試験対策!多変量解析(過去問有り)

大きな心
公認心理師の試験勉強は進んでいますか?

 

2018年9月9日に第1回公認心理師試験が実施されました。

すでに来年度に向けて試験対策を始めた方もいると思います。

公認心理師法が施行されたばかりなので、まだ過去問が少ないのが現状です。

 

そこで、参考になるのは臨床心理士試験の過去問です!

復習がてら過去問に挑戦してみましょう!!

 

臨床心理士資格試験問題集2 平成19年~平成22年
臨床心理士資格試験問題集 3: 平成23年~平成25年
臨床心理士資格試験問題集 4: 平成26年~平成28年

スタート

お疲れ様でした!多変量解析の過去問のクイズ終了しました。

解答スコアは %%SCORE%% / %%TOTAL%% 問正解です。

%%RATING%%


あなたの選択した答えは強調表示されています。
into any post.

独立変数

説明変数、予測変数とも呼ばれる。

原因となる変数。

時系列的に先。

従属変数

基準変数、応答変数、目的変数とも呼ばれる。

結果となる変数。

時系列的に後。

多変量解析

3つ以上の変数を同時に取り扱う統計解析の総称。個々の変数を独立させず、各変数間の相互関連を分析する。

重回帰分析

複数の量的独立変数から1つの量的従属変数を予測したい時に用いる。

数量化理論Ⅰ類

重回帰分析と同じ数学モデルで、独立変数が複数の質的変数になった場合に用いる。

判別分析

複数の量的独立変数から1つの質的従属変数を予測する時に用いる。

数量化理論Ⅱ類

複数の質的な独立変数から質的な従属変数を予測する時に用いる。

因子分析

独立変数の効果を見るのではなく、測定値に潜在する変数を推測する手法。

共通性と独自性

共通性は因子によって説明される割合を表し、重回帰分析の説明率に相当する。

因子負荷量

因子と観測変数との相関を示す数値だが、因子負荷量の値は±1を超えることがある。

クラスター分析

個体間の類似性を元にして、いくつかのまとまり(クラスター)に個体を分類する手法。












多変量解析

この記事をシェア!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です